北海道・旭川から少しづつお届けします。。。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

旭川市:旭川デザイン協議会展2012 クローズアップデザイン
旭川駅からほど近い赤れんが倉庫群「蔵囲夢」のデザインギャラリーにて「旭川デザイン協議会展2012 クローズアップデザイン」が開催されています。

家具、工芸をはじめ、建築、インテリア、写真、広告、ディスプレイ、食品、教育機関まで、さまざまなジャンルの旭川発のデザインを旭川デザイン協議会のメンバーがセレクトしたとのこと。
さて、旭川のイチオシデザインはいかに?!



D40x / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR
展覧会名が小さ過ぎて遠くからだとわかりづらかったりして。


D40x / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR
イキナリ北海道地図株式会社の「ビスタマップ旭川」。世界の地図コンペでの受賞作品。


D40x / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR
これは懐かしの「日本の祭り」ではないですか! え?1990年?あれから22年が経つのか〜。閉鎖的な旭川人がはじめて人と人のふれあい、魂のぶつかりあいを感じた熱い夏の特別な3日間でした。


D40x / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR
さあ!第二のラーメンとなることができるか? 旭川しょうゆ焼きそば。いまだ食したことがありません(汗)。


D40x / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR
旭川を代表する産業、家具製品のかずかず。


D40x / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR
デザイン協議会メンバーの作品も。


D40x / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR



D40x/AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G



D40x/AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G



旭川デザイン協議会展2012 クローズアップデザイン

■期間:1月5日(木)〜22(日) 
 ※1月16日(月)は休館、最終日は16:00まで
■時間:11:00〜17:00
■主催:旭川デザイン協議会
 
デザインギャラリー
〒070-0030 旭川市宮下通11丁目 蔵囲夢
TEL:0166-23-3000 FAX:0166-23-3005 (両館共通)


札幌市:札幌芸術の森美術館「Living Art ー日常ー やさしさは いつもそばに。」
札幌市芸術の森にある芸術の森美術館で開催中の「Living Art ー日常ー  やさしさは いつもそばに。」という展覧会を見てきました。

絵本やキャラクターデザインの売れっ子作家そらさんや、家族を題材にした絵画作品の河野健さん、抽象的な写真作品で数多くの展覧会をこなす山岸せいじさんら、札幌を中心に活躍している様々な作家の「日常」を題材にした作品が多数展示されています。



D40x / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR



D40x / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR
なんと、そらさんの作品は写真撮影オッケー(!)。
お月さまに座ってみたよ。


Living Artー日常ー
やさしさは いつもそばに。

札幌芸術の森美術館

会期:2011年11月29日(火)〜2012年3月7日(水)
月曜(祝日の場合は翌火曜)および12月29日(木)〜1月3日(火)休館
開館時間:午前9時45分〜午後5時00分(入館は午後4時30分まで)

観覧料:一般700円(560円)、大学・高校生350円(280円)、小・中学生150円(120円)


詳しくは札幌芸術の森美術館HPへ
http://sapporo-art-museum.jp/




環境地図教育フェア2011「第21回 私たちの身のまわりの環境地図作品展」
「環境地図教育フェア2011 第21回 私たちの身のまわりの環境地図作品展」が2011年10月22日(土)〜10月23日(日)に旭川市科学館「サイパル」と市民活動交流センター「CoCoDe」日程で開催されました。

今年も国内外から多くの作品が集まったようです。
これまで地図の見た目など、グラフィック的には中国の作品の完成度に目を見張るものがありましたが、今年は国内の作品も負けていないようです。
中には非常に美しい地図もあって、内容は当然のことながら「魅せる地図」も地図としての重要なファクターの一つになってきているのかもしれません。



D40x / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR
今年もたくさんの力作が旭川に集まりました!


D40x / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR
色合いやデザインが美しい地図が多くなってきました。


D40x / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR
すでに建築やデザインを専攻している大学生の卒業制作レベルの作品も。中学1年生の作品(汗)。


D40x / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR
制作作業の過程も細かく。。。


D40x / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR
完全なハザードマップも。


D40x / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR
見て!このデザイン!中国からの作品。やはり元気があります。


D40x / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR
既成の「枠」や「定規」なんてまったく関係ないんです。


D40x / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR
中国の作品にしてはシンプルな、それでいてハイセンスで美しい地図。


D40x/AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G
地図教育に関する研究発表会も行われます。


D40x/AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G
北海道地図(株)も研究発表会で、さまざまな開発商品を紹介しました。iOS用アプリにエクセル用のソフト、そして頭にかぶっているのは「ペーパークラフト富士山」。
つくった後は帽子になるという優れもの。いいでしょ?コレ。大ウケでした。


昨年、20回目という大きな節目を乗り越え、新しい時代へ突入した「環境地図展」。
昨今の作品から読み取れるものの一つに、「地図はデザインである」という事実。
「目を引きやすく」、「見やすく」、「わかりやすい」。
この3つの項目がちゃんとデザインされている地図が、これからの高齢化社会の時代、必須です。
少子化という時代の流れの中で、地図教育という決してメインストリームではない世界がどのように世間一般と対峙してゆくのか。
その答えの鍵が、今年の地図展の作品の中にあるような気がします。


★告知★ 環境地図教育フェア2011「第21回 私たちの身のまわりの環境地図作品展」
「不思議に思うこと・調べたこと・考えたことを地図にしよう!」という主旨で日本全国に留まらず海外からの応募も多数ある、児童・生徒の手作り地図の作品展「私たちの身のまわりの環境地図作品展」をメインイベントとした「環境地図教育フェア2011」が旭川市科学館「サイパル」と市民活動交流センター「CoCoDe」の二つの会場にて2011年10月22日(土)〜10月23日(日)の日程で開催されます。





「私たちの身のまわりの環境地図作品展」では子どもたちの力作地図が多数展示され、見応え十分です。
最近は中国からのグラフィック的にもハイクオリティな作品が目を引きます。
昨年、一昨年の様子はこちらからどうぞ。
http://jollyamadays.jugem.jp/?search=%B4%C4%B6%AD%C3%CF%BF%DE

また、作品展にあわせ展示作品の見どころなどを解説する作品解説や講演会、研究発表会、ワークショップなども行っています。
地図の好きな方には有意義な二日間になると思います。


環境地図教育フェア2011

●第21回 私たちの身のまわりの環境地図作品展
 旭川市科学館サイパル 特別展示室
 10月22日(土)9:30〜17:00
 10月23日(日)9:30〜16:00

●作品解説
 旭川市科学館サイパル 特別展示室
 10月22日(土)10:00〜10:50

●特別講演
 旭川市科学館サイパル 学習・研究室
 10月22日(土)11:00〜12:00

●研究発表
 旭川市科学館サイパル 学習・研究室
 10月22日(土)13:00〜15:30

●みんなの環境地図ワークショップ2011(小・中・高校生対象)
 旭川市市民活動交流センター CoCoDe ホール
 10月23日(日)10:00〜12:40

第21回 私たちの身のまわりの環境地図作品展 表彰式
 旭川市市民活動交流センター CoCoDe ホール
 10月23日(日)13:00〜14:00

上記催しは無料で誰でも自由に参加できるとのことですのでぜひ、ご覧になってはいかがでしょうか。

なお、詳しくは環境地図研究会のオフィシャルHPへどうぞ
http://environmentalmap.org/





伊能忠敬大図 2010フロア展 in ふらの
富良野市役所のすぐとなりの富良野文化会館で「伊能忠敬大図 2010フロア展 in ふらの」を開催中です。

「フロア展」とは伊能忠敬の「大図」と呼ばれる実測図の北海道分をフロア一面に広げ見てみようというもの。
江戸時代に作成された北海道沿岸の詳細な地図が会場のフロア一杯に展開する様は圧巻です。



伊能さんがお出迎え。


富良野文化会館2階 大会議室が伊能大図で埋め尽くされた!
この日は講演会があったので多くのマニアの方で賑わっていました。


お、これは「ショカンベツ川」。
この間行った増毛の川ではありませんか。


古地図研究家の高木崇世之氏の講演も行われてました。


物販も。おなじみ「北海道地図株式会社」のGEOARTが多数売られていましたよ。
中には今回のために作成した最新作も。これはゲットしなきゃ!





立体パズル地図の制作体験コーナーなんてのもあります。
けっこう濃厚な展覧会ですよ。


★伊能忠敬大図 2010フロア展 in ふらの★

平成22年10月22日(金)〜24日(日)
10時00分〜17時00分 ※22日は9時00分〜15時00分
富良野文化会館2階 大会議室

開催内容:
 伊能大図(北海道部分)のフロア展示
 伊能小図(蝦夷、工程図)展示
 伊能忠敬に関するパネル展示
 その他古地図等パネル展示
 地図で見る「富良野」の変遷
 「伊能忠敬の軌跡」上映
 最新測量機器体験
 歩測体験