北海道・旭川から少しづつお届けします。。。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 旭川市:焼肉楼ばくだん | main | 札幌市:青少年科学館プラネタリウム「スターリーテイルズ ー星座は時をこえてー」 >>
札幌市:北海道開拓記念館40周年記念事業「北の土偶 縄文の祈りと心」
2012年3月6日〜5月13日にわたり、札幌市厚別(さっぽろしあつべつ)の北海道開拓記念館で開催されている「北の土偶 縄文の祈りと心」展を観に行きました。

この展覧会は、「北海道、東北地方の考古資料を中心に国宝・国指定重要文化財24点、都道府県・市町村指定文化財22点など約130点を特別公開」とのことで、「縄文ビーナス」、「 合掌土偶」、そして北海道が誇る「中空土偶」の国宝3体の同時展示、さらには亀ヶ岡遺跡の遮光器土偶なども展示されるとあっては縄文マニアならずとも興奮する充実の内容でしたが、実は本物が飾られていたのは最初の約2週間余りと知って一気にトーンダウン。
トイレを借りるつもりでしかたなく常設展とともに入場しましたが、これが大当たりの展示内容でした!

確かに有名どころはほとんど全て「複製」でがっかりなのですが、普段土偶なんか見たことないので、その形状の多様さにびっくり。
土偶のモデルはそのほとんどが女性とのことで、なるほど今も昔も女体は神々しいものなんだなと感心したわけであります。
そして常設展のほうも大変素晴らしく充実した展示内容で、実に30年以上ぶりにナウマン象の骨格標本も見れて大満足のトイレタイムでした。



D40x / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR
約30年ぶりの開拓記念館。確か小学校の修学旅行できたのが最後だったかしら。


D40x / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR
もう3時すぎてたのでGW中にしては人も少なくてゆっくり見れました。


D40x / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR
キッズ用に専用のチラシも。見つけた土偶をこのように立ててゆく。全部みつけれるかな?



スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK