北海道・旭川から少しづつお届けします。。。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< Mamiya ZM QUARTZ | main | 光合成 >>
カメラバッグ考 
最近、カメラのエントリー続いていますが、フォト系ブログを目指す故、それも致し方ないと目をつぶっていただきたく思います。
フォトじゃなくて機材ブログでは?と言わないで。。。

ここのところずっと、D40xを持ち歩いているわけですが、常に手に持っているわけではなく一応弁当と一緒に若干ダサ目のユニクロのリュックサックに入れて移動しています。
リュックサックはバイクや自転車の乗車時、登山などには重宝しますが普段用となるとイマイチその存在感にボリュームがありすぎて、車から出る時や荷物を出す時など普段の用途にスマートさを感じることがありません。

そこで、スマートなカメラバッグを探す旅をすることにしました。
しました、といいましたが、しなければよかったと今は後悔しています。
はっきり言って、レンズどころの沼ではありません。
だって、別にリュックでいいじゃん!

最近はメッセンジャーバッグとかいうジャンルがはやっているようです。
そういえば、今年の冬に東京でそんなような感じのバッグを肩からかけている人をよく見た気がします。
しかし、スーツ姿のサラリーマンにはちょっとハデな気がしますが、それが流行というものなのでしょう。
クランプラーというメーカーの取扱店に秀岳荘旭川店を見つけ、早速行ってみることに。

CRUMPLER the 5million Dollar Home
CRUMPLER/クランプラー the 5million Dollar Home
オーストラリアのメッセンジャーバッグブランド、クランプラーのカメラバッグ。少し小さめでカメラ+用品だけを持ち歩くにはいいのかも。弁当の入る余地はない。

CRUMPLER the 6million Dollar Home

6ミリオン
CRUMPLER/クランプラー the 6million Dollar Home
上の写真のタイプの少し大きめのもの。かなりしっかりしており、厚みがある。かっこいいが、私が求めるスマートさはない。しかし、カメラバッグとしてはかなり考えられており、プロユースにも対応できるデザインとなっている。パットなどはかなり信頼感がありそう。厚みがあるのはバッテリーグリップ装着を意識してか?
今年モデルは「エッヂの効いた」デザインとなっているが、少し派手。個人的には前モデルのデザインの方がシックリ来たがどうだろう。

カメラインナー付き クラシックメッセンジャー Sサイズ

クラシックメッセンジャ
TIMBUK2/ティンバックツー カメラインナー付きクラシックメッセンジャーSサイズ
バッグ自体は防水で、生地のしっかり感、小物入れ様ポケットなど充実の装備だが、カメラ用となると話は別。専用品ではなく既成のメッセンジャーにちょっとサイズの合わないインナーを付属したという商品。バッグ自体A4のパンフレットなどがちょうど入る大きさで好感が持てる(なかなかこのサイズがない!!)。が、カメラインナーがバッグより少し小さめでバッグのサイズが生かしきれていないでもったいない!弁当は入らない感じ、残念!

メッセンジャーバッグというのはその成り立ち上、どのメーカーも少しハデ目な様ですがもう少し落ち着いたデザインにならないものなのでしょうか。
クラシックメッセンジャーなんか、大きさやシルエットは理想なのですが、ツートンカラーと「TIMBUK2」のロゴとうずまきが私には少しはずかしいです(1色づかいはブラックのみ)。

うーん。今大流行り(本当か?)のメッセンジャーバッグのメジャーメーカー2社でこんな感じです。
理想のバッグはいつになったらたどり着くのでしょう?


カメラバッグ考 その2 へ続く。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK