北海道・旭川から少しづつお届けします。。。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 爆弾低気圧と入園式 | main | 恐怖寿司 >>
ヨイトマケの唄/美輪明宏(丸山明宏)
どんな時でも「僕」の味方であったのだろう。
身を粉にして働き続け、「僕」を大学にまでいかせた「母ちゃん」の深い深い愛情。


 どんなきれいな唄よりも

 どんなきれいな声よりも

 僕を励ましなぐさめた

 母ちゃんの唄こそ 世界一


そして、ずっと「母ちゃん」の必死の姿を見て、ついにはエンジニアになった「僕」の母への思い。
格差社会だとか、給料が上がらないとか、消費税が上がるとか、etc.... 確かに現実社会は厳しいのだけれど、この歌を聴いた後はやはり少しは自身を思い直します。






スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK