北海道・旭川から少しづつお届けします。。。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 癒し系 | main | アラフォー >>
「Macintosh PowerBook 150」なつかしかわいい廉価マック
当時、憧れ(イエ、私はそうでもなかったですが)のラップトップマシンMacintosh PowerBookシリーズ。
憧れというだけあって高くて手が出せなかった(そもそも当時ラップトップは高価で選択肢に入らない)PowerBookでしたが、その廉価版として登場したのがPowerBook 150です。



6色のリンゴマークがかわいらしいエントリー機、Macintosh PowerBook 150。



操作性抜群のトラックボール。なつかしい! しかし、「たまに掃除しないと動かなくなる」とは妻の弁。



ハイパーカードも健在。なつかし〜!!



うーん、アルミのMacBook 2.5台分くらいの厚みでしょうか。


グレー4階調(しか表示できない)液晶の採用やIDEのハードディスクドライブ、(マウスをつなげるための)ADBポート不搭載で徹底的にコスト削減を行った戦略的モデル(?)です。
今から考えるとマウスもつなげないなんて!と思ってしまいますが、ラップトップにマウスは必要ない、というのがAppleの教えだったかどうかはともかくPB150の付属入力デバイスであるトラックボールを使ってみると、確かにマウスは必要ないほどの素晴らしい操作性。

実はこの機械、妻の最初のパソコンだったのですが、PB150のトラックボールの操作が染み付いているのでしょう、いまだに彼女はマウスが扱えない。
っていうか、そんなことよりPowerBookが最初のパソコンってことにかなりのショックとコンプレックスを受けたりするのは私だけでしょうか。。。
ちなみに彼女の2台目のパソコンはなんとPowerBook G3(!!)。

なんだかカッコ書きが多いエントリとなってしまいましたが、なかなか口に出せない事が多く、このようなことになってしまいました。


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK