北海道・旭川から少しづつお届けします。。。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ヤマメの飯寿司(いずし)づくり | main | むかわ町:福住たこ公園 >>
鈴木トオルライブツアー『Love in City ASAHIKAWA 特別企画 鈴木トオルX'mas LIVE 10'in 雪の美術館』
さて、タイトルを読んで「あ!」と思った人は私と同年代でしょうか。

「シャイニン・オン・君が哀しい」のヒットで知られるロックバンド「LOOK」のリードボーカルだった鈴木トオルさんのライブが、北海道伝統美術工芸村「雪の美術館」の音楽堂で行われるとの情報を友人からいただき、鑑賞してきました。



D40x / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR
今回のライブ会場のステージ。「クリスマスライブ」のシチュエーション的には最高。

今回のライブ、まずは友人にライブ情報を教えてくれてありがとうと言いたいです。
最初、鈴木トオルと聞いてLOOK時代の「シャイニン・オン〜」くらいしか思い出せなかったわたしですが、YouTubeやニコニコで下調べをすると、「ラスト・シーンから始めよう」、「ONE DIMEの夢」、「追憶の少年」etc. etc...
あるわあるわ、名曲達の数々が!
どの曲も懐かしく、そして今でも胸に突き刺さってくるボーカルの威力。。。
改めてLOOKの偉大さを感じました。

で、今回のライブ。
鈴木トオルのボーカルとピアノとアコギのシンプルな3人編成。
ニューニュージックや歌謡曲のバラードメドレーから始まり、洋楽やクリスマスソングを織り交ぜながらニューアルバムの楽曲も披露。
カバー以外はほとんど知らない曲が多かったのですが、途中、漫才の様な3人のおしゃべりが楽しく全然飽きませんでした。
最後までLOOK時代の曲がなかったような気がしましたが、アンコールでやっと「シャイニン・オン・君が哀しい」を披露してくれました。

感想は、「素晴らしい」の一言。
アンコールを入れて約3時間の長丁場のライブでしたが、正直これほどまでだとは思いませんでした。
特に「シャイニン・オン〜」の生は鳥肌モノです。
これで自由席3500円は安過ぎではと思うほど。
鈴木トオルさんの人柄にも感銘を受け、改めてファンになってしまいました。

ただ、会場が超ライブな空間なので音的にはかなりリッチな感じでしたが、ちょっと反響ありすぎでしたでしょうか。
ピアノが聞きづらかったな。
また、「雪の美術館」なだけに(?)寒くて寒くて仕方がなかったですが、来年も機会があればまた行きたいと思うライブでした。

Yちゃん、とっても面白かったよ! 誘ってくれてどうもありがとう!



D40x / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR
CDやグッズを買うとなんとLOOKチョコレートがついて来るとか。。。


スポンサーサイト
いいなぁ。鈴木トオル。
ハスキーな高音いいですよね。高校時代に随分LOOKのレコード(時代だな)買いましたよ。

アコースティックな雰囲気もいいな。
鳥肌わかる気がする。ぞくぞく。。。

鈴木トオルが抜けた後も、L3Cって名前で活動していたんだよね・・・確か、LOOK LONESOME LANE CLUBの略だったかな。
みえはる | 2010/11/28 15:29
いやー、とっても良かったですよ〜、シャイニンオン!

L3Cですか、さすがに詳しいですね。
今回の旭川公演、チープさんの代わりにサックス吹いてくれればよかったのに!
Jolly | 2010/11/30 00:33
Yちゃんに教えてもらい、こちらにコメントさせていただきます。この度は雪の美術館にご来場いただきありがとうございました!
jollyさんにとっても、素敵な思い出のある場所で、楽しんでいただくことが出来て私達も嬉しいです。
是非またお会い出きるのを楽しみにしています。
SUGAR | 2010/12/06 12:45
SUGARさん、こんばんは。
「想い出の場所」とは、ちょっと気恥ずかしいのですが、挙式当日に音楽堂で妻の友人がアカペラで歌ってくれたことを思い出しました。
本文にも書いたのですが、初めて生で聞いた「シャイニン・オン〜」は素晴らしかったです!
YouTubeで「特ダネ」(でしたっけ?)で放送された時の模様も見ましたが、生は全然違いますね。
また、次回も行きたいと思ったコンサートでした。
どうもありがとうございます。
Jolly | 2010/12/06 21:47
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK