北海道・旭川から少しづつお届けします。。。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 晴天の虹 | main | ペンタックス K-x 100color, 100styles!! カラフル過ぎ! >>
カメラバッグ考 その3
理想のカメラバッグを探す旅に出て、早くも3ヶ月が過ぎています。
本当に探しているのかちょっとギモンですが。。。
イヤイヤ、本当に探しているんですよ。
なかなか「これだ!」というものに出逢わないだけです。
そんな中、ほとんど妥協に近いのですが気になるバッグを(強引に)探し出しました。
前回の「その2」の最後にちらっと紹介した、「TIMBUK2/ティンバックツー カメラインナー付きラップトップメッセンジャー」です。

実はTIMBUK2に関しては「クラシックメッセンジャー」のSタイプを「その1」でも取り上げているんですが、あまりにもソレ系の「王道」を行き過ぎているデザインのため自分の趣味に合わず、あまりちゃんと考えていなかったのです。
しかし、当初の「D40X+35mmF1.8Gと弁当が入る手軽でスマートなバッグを探す」という趣旨からずれてきて、「1泊程度の出張にも使えるカメラバッグ(ブリーフケース?)。PCも安全に運べればなおベストかな」的な、かなり欲張りな方向に変わってきました。
月日が経つといろいろと考えも多くなるようです。

自転車に乗ったら雨具も必要じゃん。
今はレンズ1本だけど、もう1本ほしいし。。。
ってことは「大は小を兼ねる」はずだし、自転車にも乗るし。。。
etc.etc.。。。

それらの要求に対しての妥協(?)の理想に「やっぱり行き着く先はメッセンジャー?」と、TIMBUK2に白羽の矢が当てられたという訳です。

しかし、ユニクロとか中国製に馴れている身にしてみると、サンフランシスコ製(で良かったでしょうか?)が異常に高価に感じますね。。。
イカンイカン、中国製が安すぎるんですヨ。
たぶん。
マジメに。

現在(2009年9月現在)の商品(ラップトップメッセンジャー)を確認すると「made in philippines」となっています。
TIMBUK2のホームページにサンフランシスコ工場のことばかり載っていたので、すっかりアメリカ製だと思っていましたが、現在はどうやら違うようです。
ただ、もうアメリカでは生産していないとか、全てベトナム製とか様々な情報が錯綜しているようですが、「SF MADE」というサンフランシスコ製も限定品のような形で流通しているようですので少量だとは思いますが本国でも生産はしているのでしょう。
メーカーのホームページのくせに信じられないくらい大幅なプライスダウンのセールを行っている理由がわかりました。
サンフランシスコ製ならまあ納得ですが、やっぱり正規の価格は少し高過ぎだと思います。
(2009.09.29追記)


というわけで、今回はTIMBUK2のメッセンジャーを詳しく見ていくことにします。
(何度もすみませんねー、秀岳荘旭川店のみなさん)
まずは、最も無難な「クラシックメッセンジャー Mサイズ ¥12,600」です。
なお、価格は主に定価で記載しています。

クラシックメッセンジャー
メッセンジャーの嫌いなところ→フタがでかい→シルエットが大げさ→ださい。
(わたしの個人的意見です。。。使っちゃうと気にならなくなるでしょう)
ま、雨に濡れないようにということなんでしょうけど。。。
基本的に雨の日、自転車乗らないし。軟派ですみません。

クラシックメッセンジャー
フタはマジックテープが2対、合計4カ所とバックル2カ所で固定。マジックテープの面積が広いので少々雑に扱ってもフタが開くことはまずないのではないでしょうか。この辺はメッセンジャーとしてのノウハウが詰まってますね。ふむふむ。

クラシックメッセンジャー
内部のポケット類。本体に比べ、ちょっと容量不足の感じ。また、素材のせいか少々安っぽいですね。ターポリン素材むき出しってのがさらに安っぽさを強調しています。わざとなのかもしれませんが滑りが悪くて使いづらそうです。この内部のつくりが私にとってのマイナスポイントです。10,000円以下なら納得しますが。。。

クラシックメッセンジャー
別売りの「カメラインナー Mサイズ用 34×20×13cm ¥4,515」を入れてみました。かなり、厚ぼったくなります。これではカメラ屋さんで売っているカメラ専用バッグと変わりませんね。インナーはエツミなどの他メーカー製を検討しようかなと思います。
ちなみにカメラインナーが最初から付属する「カメラインナー付きクラシックメッセンジャー ¥15,750」もラインナップにあります。

カメラインナー
「カメラインナー」。左が「Mサイズ用 ¥4,515」、右が「Sサイズ用 ¥4,200」。

クラシックメッセンジャー
Mサイズといえども一般的にはちょっと大きいサイズですよね。「スマートさ」は当初、選ぶポイントの最重要課題でしたので気になる部分です。

クラシックメッセンジャー
やっぱり、でかいよねえ。すぐ、馴れるんでしょうけど。。。

クラシックメッセンジャー Sサイズ
ちなみに、Sサイズです。カメラインナーSサイズ用を入れた状態で。

クラシックメッセンジャー Sサイズ
このぐらいが普段使いで普通サイズではないかと。。。


ということで、TIMBUK2の「クラシックメッセンジャー」を中心に紹介しました。
可も無く不可も無く、ってところなのですが、やっぱりコストパフォーマンス的にちょっと気になります。

冒頭で紹介した「TIMBUK2/ティンバックツー カメラインナー付きラップトップメッセンジャー」はどうしたかって?
次回に持ち越しです。
(まだつづくのかい!?)


カメラバッグ考 その4 へ続く。


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK