北海道・旭川から少しづつお届けします。。。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 世界が見える TV地球儀 | main | 旭川市:旭川市科学館・サイパル >>
D40とD40x
いやはや、D5000とかD3000とか言っているご時世に今更なのですが、少し訂正したいことがあります。
前々から修正したいと思っていたのですが、すっかり忘れていました。
このブログに掲載の写真についてなんですが、いや、写真というより写真のキャプションの多くに、

D40/
AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G


と記載されていると思いますが、正確には

D40x/AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G

ですね。
エントリーの中には「x」と記載しているものも、もしかするとあるかもしれませんが、
ここのところずっと「x」なしで記載していました。

長らくD40と記載していましたが、現在メインとして活躍している私の使用カメラは実はD40xでした。
古い話で恐縮ですが(わたしにとっては古くないのですが。。。)、D40とD40xの違いは撮像素子の違いが主なもの。
D40の610万画素に対して改良型のD40xは1020万画素。
ボディーや機能はほぼ同様なのですが、デジカメの心臓部である撮像素子が異なるということはもはや似て非なるもの。
どちらが優れているかというのは画素数では判断が付きづらいのですが、610万画素のD40は高感度に強いともっぱらの評判でマニアの方の評価も高く名機と呼ばれたりもしていますね。
普通にサービスプリントする分には画素数が低い方がいい場合もありますし(これはまったくの好みです!)、高感度に強いということは室内で子供を写すのには最適かもしれません。
しかし、(三脚を立てて)風景写真なんか撮る場合は特に感度は重要ではないので軽量小型で高画素のD40xはフィールドカメラとして重宝するのではないでしょうか(いいすぎ?)。

で、ようするにやっぱりD40とD40xは別物なんだと改めて認識した上で、今後は D40x/AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G と記載して行きますのでよろしくお願いいたします。
これまでのキャプションに関しては時間のある時に少しずつ修正して行きます。


D40
  
  Nikon D40



D40x

  Nikon D40x


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK