北海道・旭川から少しづつお届けします。。。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 旭川市:5・7小路ふらりーと「焼鳥よしや」 | main | 旭川市:南観光果樹園2015 >>
生き返れ!スーパースワン!!
さて、この写真はあるスピーカーの一部。
わかる人にはわかる、自作スピーカー「スーパースワン」のヘッド部です。

スーパースワンは自作スピーカーの設計で有名な長岡鉄男(故人)というオーディオ評論家の傑作中の傑作。
10cmフルレンジユニット1発で鳴らす、点音源を特徴とする自作バックロードホーン型スピーカーです。




PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited


ちなみに一般的にスピーカーとは「スピーカーユニット」と言われる音の鳴る機械部と、スピーカーユニットを納める箱の部分の「エンクロージャー」をひとまとめにしたもの。
バックロードホーン型スピーカーはスピーカーユニット(音の鳴る部品)の後方からの音を内部構造(音道)を末広がりにしたホーン状のエンクロージャーにより低音を増幅させる方式のスピーカーです。

なので、このスーパースワンというスピーカーの箱の中はホーン状の設計となっているため複雑な構造となっており、自作時には部品の加工精度が製作の難易度を左右します。
本当は自作オーディオ専門のカット業者に頼めばラクチン作業なのかもしれませんが、カット工賃がハンパない。
なので、近所のホームセンターでバイトの兄ちゃんにカットしてもらうわけですが、1mmも誤差があったらもう大変。
誤差が誤差を呼び、その顛末たるや、もう悲惨なことに。。。
はっきり言って二度と作りたくないスピーカーです。

さて、そんな大変な思いをして作ったスーパースワンですが、ユニットのコーン(振動板)がなにやら茶色の滲みで悲惨な感じに。。。
経年変化というヤツで、接着剤かなにかが滲み出してきてしまったのでしょう。
大変残念な見た目となっております。
見た目もさることながら実際の音も全然でていません。
2009年の7月(参照:http://jollyamadays.jugem.jp/?eid=125)はこんな滲みはなかったのでここ最近の変化と思われます。
このユニット、FOSTEX(フォステクス)というメーカーの「6N-FE108ES」という1998年発売の限定モデルなのですが、逆算すると17年前。。。!!
まあ、スピーカーユニットは入力時には常に可動し劣化して行く消耗品ですので、さすがに仕方がない状況ですね。

実は、「6N-FE108ES」の後継ユニット、「FE108ES II」(2001年限定販売)を当時入手していたのですが取り付けるにはヘッド部分の工作が必要なため、なかなか手を出せずにいたのです。
今回、「6N-FE108ES」のあまりの惨状についに重い腰を上げ、十数年ぶりにスピーカー工作に手を出してしまいました。



PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited

「FE108ES II」は繊維が細くしなやかで密度の高いESコーンをベースに、高剛性で分散振動する性質のHP(Hyperbolic Paraboloid)形状の振動板を採用し、中高音域の伸びやかさと低歪みで優れた指向特性を実現。
また、中高音域の再生能力を飛躍的に向上させることを目的として開発されたUDRタンジェンシャルエッジ&ダンパーを惜しげもなく投入。
星形のHP振動板と複雑な形状のエッジによる唯一無二のルックスはオーディオに占める重要なファクターである「見栄」を張るのに必要十分。
そしてバックロードホーン用のユニットとして見逃してはならない磁気回路には、ESシリーズの思想である「常に最強の磁気回路を模索する」を引き継ぎ、強力なランタン・コバルトマグネットを採用、中低域の厚みと伸びやかさを飛躍的に向上させています。

さらに、今回の改造ではアダプターリング「P108」も増設。
「FE108ES II」をスーパースワンに取り付ける際に「P108」と一緒に取り付けると、バッフルの振動やフレームに対しての制動効果があり、中高音域のクオリティー、音像の輪郭やスピード感が飛躍的に向上されるとのことです。




PENTAX K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)
「6N-FE108ES」を取り外したところ。



PENTAX K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)
「FE108ES II」を取り付けるには強大な磁気回路のためふさがってしまう音道を確保しなければならないため、こんなふうに星形にザグリを入れる加工が必要。ん〜めんどくさいね〜。



PENTAX K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)
ジグソーでちょっと切って、仕上げはヤスリで。え? かなりテキトーだって? まあ時間があれば音に直結する箇所なので、少しは凝りたいところだけど。。。時間がさあ。。。といってごまかす。



PENTAX K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)
真鍮の輝きが超かっこえ〜!アダプターリング付ければ、中、見えなくなるからいいでしょ?



PENTAX K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)
2台やって、3時間。うーんかな〜りてきとーだね〜。



PENTAX K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)
ウン、いいでしょ!



PENTAX K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)
さて、ついに「FE108ES II」装着。かっこいい。。。



PENTAX K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)
じゃ〜ん!!さて音の方はいかがなんでしょうか。


今回、14年の年月を経てついに日の目を見た「FE108ES II」と「P108」。
それぞれ当時片チャンネル15,000円程度だったと思うので計60,000円くらいかけてリニューアルしたことになります。
今では考えられない金のかけ方。。。っていうかそんなもん14年間も押し入れに寝かしとくなよって話なのですが。。。(汗)
これで、オーディオ熱が再開か〜!と思いきや、CDプレイヤーの調子がすこぶる悪く、現在ソニーのディスクマンで試聴している状況。。。(泣)

果してマイリスニングルームが復活する日は来るのでしょうか。。。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://jollyamadays.jugem.jp/trackback/1467
TRACKBACK