北海道・旭川から少しづつお届けします。。。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 旭川市:嵐山「北邦野草園」 | main | エスケイプ >>
旭川市:旭川市博物館「開館20周年記念第68回企画展 立体地図模型から見る日本列島の地形」
旭川市博物館で、企画展「立体地図模型から見る日本列島の地形」が開催されていたので行ってみました。



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)


かなり巨大な日本全国の立体模型をいっぺんに並べており、なかなかの迫力ですが、なぜか会場が真っ暗。
たぶん、立体模型の陰影をより強調するための処置と見ているのですが、あまりに暗くて作品を見る気にならない。
ちなみに言うと、博物館自体も真っ暗です。
展示物の保護、と言う名目もあるのでしょうが、あまりに暗過ぎて具合が悪くなっちゃいます。
さらにいえば、旭川市博物館自体の存在を市民は知らないので、こんな感じでいいのでしょう。
展示内容は旭川市のものとは思えない充実したつくりと思いますので、「博物館はここです」などの看板をつけるとか、もう少し市民へ「見せる」いや「見てもらう」努力をした方がいいと思います。


当ブログの以前の旭川市博物館のエントリ
http://jollyamadays.jugem.jp/?eid=80


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK