北海道・旭川から少しづつお届けします。。。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

旭川市:2014年 第82回 北海道音楽大行進
つくづく旭川というマチは不思議なマチです。
80回以上の開催の伝統と4000人余りの参加人数、そして自称15万人(!! 旭川の人口の半分だ!)という観客動員を誇る「北海道音楽大行進」について、特に大きなイベントだという認識は旭川市民の中にはないのです。
15万人という観客数はかなりまゆつばな感じで本当かどうかは数えてみなければわからないのですが、4000人規模の参加人数はマーチングフェスティバルとしては全国でも有数の規模とのこと。

伝統あるこのようなイベントを、旭川の人が特に宣伝しようとしないのには旭川の成り立ちの歴史にあるのではないかと推測します。
その推測についてはまたの機会に。。。

「北海道音楽大行進」、実は今回初めて開会式から見ました。
いや〜、音楽って本当にすばらしいですね!!



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)
音楽大行進、開会式の様子です。



旭川駅 もう少しで完成らしい
乗降客数に対して大きすぎる箱が特徴の旭川駅の工事が佳境を向かえているようです。
久しぶりに駅に行きましたが、いつのまにか駐車場ができていたりしてショック。
有料駐車場に入れちゃったよ〜。
ちゃんとアナウンスしてほしいなあ。
旭川における最大で最後の大事業なんだから。



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)
駅裏は河原(!!)。こんな駅はほかにないでしょう。立地は素晴らしいですね。問題は活用の仕方。



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)
なんちゃらガーデンになっていて、ネギ坊主がたくさんありました。大雪山の山並みが見えて、しつこいよういですがロケーションは最高です。



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)
ほら、すぐそこは川なんです。で、なぜか、神居古潭石(かむいこたんいし)のスペースも。。。



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)
できてから、かれこれもう9年くらい建っているあの建物。いまだにこの場所にあることに違和感がありますが、この建物がなかったら駅前から大雪山が見えるのでしょうか。


旭川市:レストラン古潭荘 衝撃の事実 12月29日をもって閉店。。。!!
旭川市史を揺るがす衝撃の事実。

旭川市台場にあるレストラン古潭荘が2013年12月29日の営業をもって閉店するということです。
これまで旭川がなぜ旭川だったのか。
北海道第二の都市として発展を遂げてきたにもかかわらず、一貫して道央圏からの文化を受け入れることをせず、「道北地方」という独自の文化を保つことができたのか。
その答えを知る手がかりがまたひとつ無くなろうとしています。




長い歴史を持つ古潭荘ですが、もともとは神居古潭にあった温泉宿が昭和50年くらいに国道12号の拡幅工事のため現在の台場へ移転、レストランのみの営業となったといいます。



子どもたち
こういう景色に巡り会えたとき、この街っていい街だなあ。
住んでみたいなあ。

って思う。



K-5 / SIGMA 70-300mm 1:4-5.6 DL MACRO


天の川の夜
会社帰り、星があまりにきれいだったのでちょっと寄り道。
市街地からほんの20分程度でこの星空。

何もない街、旭川。




K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)
鈍行列車の光に照らされて。


K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)
当然、画像はいじっています。


K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)
実際こんなには見えないけど、天の川は見える。


K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)
北斗七星。