北海道・旭川から少しづつお届けします。。。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

タンパク質
ご飯の量を少なくしたり、ジュースを飲まずに水にするなど、今のところダイエットは続いていますが、実際はそんなにガチガチな食事療法は行っていません。
どちらかというとエクササイズによるシェイプアップに重点を置いて減量を行っています。

毎年、冬になると仕事が忙しくなるのですがデスクワークのため、ほとんど運動、、、というか体を動かすことが無くなってしまいます。
そんな生活を何年もしていると本当に体がキシんできて、階段の二段抜かしをするだけで筋をおかしくする、たった50センチを飛び越すだけで足首を捻挫したりなど、普通では考えられないことが起きてきます。
このような灰の燃えかすのような吹けば粉々になるような体を、とりあえず普通に小走りできるようにということでエクササイズをはじめました。

吹けば飛ぶような体ですので、最初は柔軟体操ですでに体が壊れるくらいでしたが今ではラジオ体操も第二まで通しで可能です。
ダンベルも最初は5kgからはじめて今では10kg。
新しいダンベルが欲しくなってきたところです。
このくらいになると体が見るからに変化してきますので「減量」という目的から「筋量増量」という目的にだんだんすり替わってゆきます。

そしてタンパク質を異常に摂取したくなるのです。
あ〜、肉くいてえ〜。



K-5 / smc PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited
ザバス ホエイプロテイン100 ココア味。牛乳で溶かすとまるでコーヒー牛乳。吸収が良いのは水とのことだが、わたしは最近は水と牛乳を混ぜて飲んでいる。



30インチ
この半年ほどダイエットを続けてきましたが、ここ1〜2週間ついにベルトが余るようになってきました。
75kgからはじめ、この2週間ほどは体重67kg代前半をキープ。
おなかまわりの脂肪はまだまだ予断をゆるさないほどありますが、おしりは明らかに小さくなってきている感触。

もしやと思い、(どんどん太っていったため)ほとんど履くことができなくなった31インチのジーンズを試しに着用してみると、お〜!履ける履ける!履けるじゃないですか!!
調子に乗って、さらにもう一着。
結婚当初に買って(当時ははけた)以来、約10年間ほとんどはけずにタンスの中で肥やしと化していたWranglerのオリジナルフィット、13MWZの30インチ(76cm!!)に挑戦。
若干きつめですが、なんとこれも履けるではありませんか!!
素晴らしい!

はっきりいって今、ジーパンなんか買ってる余裕がないため、タンスの肥やしをどうにかできないかという目標でやってきましたが、ついに新たなる目標を立てる時期がきたようです。
次の目標は「あまりに履かずにベッドの下にしまいっぱなしだったためカビだらけになった革パンを履く」。
さて、そうなると65kg台が目標となりますが、これから冬になるし、かなり難しそうです。
ま、無理せずやっていきましょう。



K-5 / smc PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited
Wrangler 13MWZ(13th prototype Men's Wear Jeans With Zipper)。
ウェスタン系に傾倒していた頃、やっぱカウボーイはラングラーだよねと購入したカウボーイの定番中の定番。当然ウェスタンブーツとの相性は抜群。
この13MWZはMADE IN USAのアメリカ向けのジーンズで、その辺のジーンズショップには売っていない。少し細身でスラッと足が長く見える。プラスチックパッチが目印。
実は結婚式の2次会で着用するために買ったのだが、結婚後は当然ユニクロやトップバリュなどのニセモノジーンズしか買えなくなったため、この13MWZが私にとって最後のジーンズ。


脂肪肝
機会があって人間ドックを受けてきました。
検査内容は半日コースということで、基本的に毎年1回、会社で行っている定期検診とほとんど変わらないのですが、胃カメラと腹部超音波の検査は定期検診では行っていませんので受ける価値はあると思います。
今回は、毎年の定期検診では見逃されていた重要なことが判明しました。

で、その重要なこととは。。。
腹部超音波検査(エコー)による画像診断で、な、なんと「脂肪肝」と診断されてしまいました(汗!)。
プリントされた画像を見ると肝臓が腎臓より白く写っており、脂肪肝の疑いがあるとのこと。
え〜?正直言って、こんな砂嵐みたいな画像で何がわかるの?と思わず口に出してしまいそうでしたが、医者が言うのだから仕方がない。

ウィキペディア日本語版によると、
『脂肪肝(しぼうかん、fatty liverまたはsteatosis hepatis)とは、肝臓に脂肪が蓄積した状態を指す。ガチョウや鴨の肝臓を強制肥育によって肥大化させた高級食材「フォアグラ」や、稀にニワトリの雌鶏に見られる「白肝」も実は脂肪肝である。』
とあります。

なるほど、フォアグラね。
そういえば、歩くフォアグラなんて別名もあったっけ。。。言い得て妙だな。。。
って感心している場合でじゃない、今年の目標である「ダイエット」。
このような結果となってしまった以上、すでに体型維持だけではなく生活基盤の改善をも含めての大改革プロジェクトとして遂行しなければなりません。
とほほ。。。



脂肪肝も気になるけど、この数年間、尿酸値が高いのが気になります。通風にはなりたくない〜。


計るだけダイエット(NHK 「ためしてガッテン」より)
最近、毎朝体重計っているんですが、やっぱりグラフとかビジュアルに見えるものにしないとイマイチ気持ちが入りません(逃げとる逃げとる)。
で、ネットでいろいろ調べました。

ウチの長女のお気に入りの番組、NHKの「ためしてガッテン」が誇る最強ダイエットメソッド、「計るだけダイエット」!!。
詳しくはコチラ。
http://cgi4.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20100526




まあ、要するに日々、体重計ってグラフにして毎日眺めて精進しなさいってことだ。
問題はグラフに記入する余裕があるかどうか。
え?くだらないブログを書いてるヒマがあるならなんぼでもダイエットに勤しめるって?
ごもっともです。。。

紙に書くのが面倒な人はこんなSNSも。
http://www.mamegra.com/

思わず会員登録してしまった。。。



真夜中のカレーライス
現在、ダイエット中というのは周知の事実。
なので、私のまわりの方々はみんな、各自の経験に基づいた助言をしてくれます。
その中でもっとも多いのは「夕食を減らす」や「夜中は食べるな」。

なぜダイエットに夜の食べ過ぎはだめなのか。
その根拠はなんなのか。
ちょっと調べたところ、「BMAL1(ビーマルワン)」なる体内時計をつかさどるタンパク質が関係しているとのこと。
この「BMAL1」は脂肪を貯め込む性質があるらしく、午後10時くらいから12時くらいをピークに夜中に活発化し、その時間帯に食事を摂ると積極的に脂肪を貯め込んでしまうらしいです。
詳しいハナシはよくわかりませんが、早い話「BMAL1」が活発化している時間帯の食事は避けるというのが余計な脂肪を蓄えない最良の方法とのことらしいです。

しかしこの時期、私の場合夕食はもっぱら21時から24時くらいの間。
うーん、がっつり「BMAL1」が活躍中じゃないですか。
これって、夕食を摂るなということ?
そりゃ、普通にやせるよね。



D40X / AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G
23:20のカレー。要するにだ、ダイエッターとしては最悪の食事っていうわけ?