北海道・旭川から少しづつお届けします。。。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ノイズ処理

このような明度差と彩度が激しい写真はどうしたって画像処理が必要になってくる。

だいたいがアンダー目に撮ってからの暗部の持ち上げと思うが、さすがにこのようなシチュエーションでは暗部を明るくするとノイズが盛大に目立ってくる。

通常撮影時にJPEGしか撮らない私はなおさらノイジーである。

そんな時は写真編集ソフトのノイズ処理だ。

Adobe Lightroomのノイズ処理の威力は凄まじい。

ちょちょっと調整用のスライダをいじくるだけで、何事もなかったかのような仕上がりになる。

 

 

 

PENTAX K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)

ノイズ処理あり

 

 

PENTAX K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)

ノイズ処理なし

 

 

女子カメ風サクラ 2015
もう、ブームは終ったのかな?
女子カメラ。




K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)


緑の道
午後の光に照らされ、緑に光る道。



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)


輝きの朝
朝の光が木々の水滴に差し込み、まぶしく輝いていた。



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)




島牧の夕陽
海に来て、夕陽を見る。

それだけでもう、十分しあわせ。

海に住んでいる人には、たぶんわからないかもしれないけど。



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16) + Adobe Photoshop Lightroom 4