北海道・旭川から少しづつお届けします。。。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

第25回「私たちの身のまわりの環境地図作品展」2015
今年も旭川市科学館「サイパル」と旭川市市民活動交流センター「CoCoDe」で開催された「私たちの身のまわりの環境地図作品展」。
第25回を迎えた今年は、過去の優秀作品も同時に掲示され、25年の重みを感じました。
それにしても、毎回思うのは、みんな凝ってるな〜ということ。
地図はグラフィックなんだということを改めて感じますね。



PENTAX K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)
会場となった科学館サイパルと。。。



PENTAX K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)
CoCoDe(ココデ)。



PENTAX K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)




PENTAX K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)




PENTAX K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)




PENTAX K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)




PENTAX K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)




PENTAX K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)




PENTAX K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)




PENTAX K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)




PENTAX K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)




PENTAX K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)




PENTAX K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)




PENTAX K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)


第23回「私たちの身のまわりの環境地図作品展」
旭川市科学館サイパルで毎年行われている「第23回「私たちの身のまわりの環境地図作品展」」。
全国から募集された子どもたちの手描きの地図の展覧会です。

数年前までは中国からの作品が多数あったのですが、昨今の日中関係の問題で全く見れなくなりました。
中国からの作品はどれもデザインや色彩が素晴らしいものが多かったため、非常に残念です。



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)


旭川市:旭川市博物館「開館20周年記念第68回企画展 立体地図模型から見る日本列島の地形」
旭川市博物館で、企画展「立体地図模型から見る日本列島の地形」が開催されていたので行ってみました。



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)


かなり巨大な日本全国の立体模型をいっぺんに並べており、なかなかの迫力ですが、なぜか会場が真っ暗。
たぶん、立体模型の陰影をより強調するための処置と見ているのですが、あまりに暗くて作品を見る気にならない。
ちなみに言うと、博物館自体も真っ暗です。
展示物の保護、と言う名目もあるのでしょうが、あまりに暗過ぎて具合が悪くなっちゃいます。
さらにいえば、旭川市博物館自体の存在を市民は知らないので、こんな感じでいいのでしょう。
展示内容は旭川市のものとは思えない充実したつくりと思いますので、「博物館はここです」などの看板をつけるとか、もう少し市民へ「見せる」いや「見てもらう」努力をした方がいいと思います。


当ブログの以前の旭川市博物館のエントリ
http://jollyamadays.jugem.jp/?eid=80


露出
最近、露出度はげしいな。
記事の内容が全く関連性を持っていなかったとしても、それはやっぱりうれしいのです。

メモ代わりに貼付けます。
















旭川市:第22回 私たちの身のまわりの環境地図作品展
今年も旭川市科学館サイパルにて「第22回 私たちの身のまわりの環境地図作品展」が2012年10月27日(土)〜28日(日)にかけて開催されました。

毎年、日本国内に留まらず世界各地からも子どもたちの地図作品がこの旭川に集結するのですが、今年は様子が違いました。
近年、応募点数が急激に増加していた中国からの作品が今回は1点もありませんでした。
ここのところ毎日の様に報道される日中関係の悪化の影響と思われますが、このような身近なところで、そして子どもたちの教育に関する催しで、このような国際問題を目の当たりにすると、その根の深さはただ事ではないことを感じてしまいます。
今回は中国からの作品は届きませんでしたが、フィリピンからの応募が多数あり、なんと表彰式にも学生たちが駆けつけてくれたとのことです。



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)


K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)



K-5 / TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)