北海道・旭川から少しづつお届けします。。。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

夕暮れ族
夕焼け小焼けは赤とんぼ。
このオツネントンボは夕暮れ過ぎても元気です。
陽が暮れたヤブの中で撮影していたら、案の定ヤブ蚊に刺されまくり。

それにしても驚くべきはK-5。
ISO1600で少しアンダー気味に撮影し、iPhotoで明るさ調整してのこの画質。
もっと明るいレンズならまだまだ撮れる。
やはり、F1.8くらいのレンズが欲しくなる。



K-5 / smc PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited


PENTAX K-5 使ってみました! その2 高感度について
さて、PENTAX K-5について最も関心の高い事柄のひとつに、対高感度性能が上げられます。
前モデルK-7のウィークポイントでもあった高ISO時における描写は、K-5で飛躍的に向上し、同一性能のセンサーを使用していると言われるNikon D7000などと同様の高感度耐性があると思われます。


高感度実写!
今回は、その定評ある高感度画質について試写してみました。
が、しかし、わたしとしたことが「開眼、ISO51200」を標榜とするK-5の最高感度ISO51200で撮影するのを忘れてしまいました(ISO80、ISO25600も。。。汗)。
だって、デフォルト設定じゃないんだもの。。。
なので、ISO100〜12800までのなんとも中途半端なテスト撮影(別にK-5である必要はないって?)ですが、ま、参考程度に抑えていただければと思います。



K-5 / FA35mmF2AL 1/20, F2.0, ISO200, JPEG, ノートリミング
撮影サンプル。こんな構図でISOを変更しながら撮影しました。
夜、蛍光灯照明下でギターを被写体に手持ち撮影。レンズはFA35mmF2AL。ホワイトバランスはオート。絞り開放で撮ったためかパープルフリンジが発生しています。が、なんとも素晴らしいキレと艶のある画像です。さすがK-5(イヤ、被写体にもよるな、これは)。

下はISOを変更して撮影した比較用画像で、上の画像の構図を、ノイズがわかりやすいように拡大クリップしています。


K-5 / FA35mmF2AL 1/8, F2.0, ISO100, JPEG, トリミング有
ISO100
シャッタースピードが遅くて手振れしてしまいました。1/8秒ではさすがに手振れ補正機構SR(シェイクリダクション)も効きが甘くなっています。



K-5 / FA35mmF2AL 1/20, F2.0, ISO200, JPEG, トリミング有
ISO200
SRも効いて素晴らしい画像。ISO200でもこのキレ。100でカッチリ撮れれば(三脚持てば?)何も問題ないですね。



K-5 / FA35mmF2AL 1/30, F2.0, ISO400, JPEG, トリミング有
ISO400
このくらいのサイズだと、画質的にはISO200とほとんど変わらんですね。



K-5 / FA35mmF2AL 1/60, F2.0, ISO800, JPEG, トリミング有
ISO800
若干ノイズが乗ってきましたが、低ISOの画像と比べてみないとわからんレベルです。



K-5 / FA35mmF2AL 1/125, F2.0, ISO1600, JPEG, トリミング有
ISO1600
このくらいでやっと高感度っぽい質感になってきました。



K-5 / FA35mmF2AL 1/250, F2.0, ISO3200, JPEG, トリミング有
ISO3200
ノイズの発生状態がとっても自然で、フィルムのような感じです。このような粒状感は非常に好印象なので、作品づくりのためにわざと使ってもいい感じ。



K-5 / FA35mmF2AL 1/500, F2.0, ISO6400, JPEG, トリミング有
ISO6400
さすがにノイジーになってきました。WBも荒れてくるのでしょうか、これまでと色味に変化がでてきます。



K-5 / FA35mmF2AL 1/1000, F2.0, ISO12800, JPEG, トリミング有
ISO12800
12800でこの画質ならほとんど大判プリントをしない私的には全く無問題。非常に自然な絵づくりなので積極的に高感度を使っていってもかまわない感じです。
イヤ、もちろんノイズが乗らなければそれに越したことはないのですが。。。ま、これ以上はフルサイズ以上のプロ用機材をどうぞ、というところです。

今回、K-5における定評ある高感度画質とはどのようなものかというものを試すための撮影となりましたが、画質的には実質10万円以内で購入可能なデジタル一眼レフとしては最も魅力的な機種の一つであることに変わりない、というのが個人的な印象です。

うーん、ますます欲しくなってきたぞ、K-5。
これではバイクを売らねばならんではないか。。。こまった。

こまったところで、その3につづく。


PENTAX K-5 使ってみました! その1
先月のことですが、なんと!、憧れのペンタックスのデジタル一眼レフ、PENTAX K-5を借りる機会を得ました。
短い期間でしたがK-5に潜在する素晴らしいポテンシャルの一部を垣間みることができましたので、何回かに分けてレビューを行いたいと思います(ちょっと興奮)。
持ち主の友人T、どうもありがとう!



■「PENTAX K-5」 と簡易防滴構造を採用した標準ズーム「smc PENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6ED AL WR」。この組み合わせでキット販売もされている。



「PENTAX K-5」は1628万画素のAPS-C CMOSセンサ、視野率100%ファインダー、秒間7コマの高速連写、最高感度ISO51200(拡張)、−10℃耐寒動作保証、防塵・防滴構造、ボディ内蔵手振れ補正機構「SR(シェイクリダクション)」搭載というありったけの高機能をコンパクトなマグネシウムボディに凝縮したペンタックス渾身の1台。
これまで、K-10D、K-20D、K-7と低感度での画質に定評のあるモデルを発表してきたペンタックスが、弱点だった高感度性能やAF性能を充実させたファン待望のモデルでもあります。
そして、この記事を書いている途中にも待望の「GPSユニット」も発表されました。
このGPSユニット、なんとシェイクリダクションのメカニズムを利用して簡易的な天体追尾撮影ができるという夢のユニット。
もう、巷では大変なことになっています。

さて、前置きはこのくらいにして、早速K-5のファーストインプレッションですね。




■”隠れスターレンズ”とも言われる、単焦点「FA35mmF2AL」と。ボディ、レンズともにコンパクトで最大の効果を発揮できる組み合わせ。


デザイン
直線を基調とした精緻なデザインは他メーカーのカメラに比べ若干スマートに感じて好印象。
APS-Cサイズの一般的なデジタル一眼レフカメラの中・上級機においては、非常にコンパクトな造りとなっており、私が普段使用しているNikon D40X(2007年当時のエントリーモデル)にモーター内蔵のレンズ、AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8Gを付けたものとK-5にコンパクトなFA35mmF2ALを付けたものではほとんど変わりのない感じです。
しかし、このこれでもか!というスペックを積み込んで、このボディサイズはすごい集積能力ですね。
逆に内部が緻密過ぎて耐久性はどうなの?と心配になるくらいです。


操作性
ボタンや小さいレバー類などの操作性は防滴防塵のシールによるものなのかはわかりませんが、カッチリしたクリック感がなく、すっきりしません。
また、機能設定時のメニューなどの選択&解除や画像の削除などもワンアクション、ツーアクション多い感じです。
さらに、背面液晶の設定画面のデザインは数あるカメラメーカーの中でも下位の方ではないでしょうか。今や背面液晶画面で操作の大半を行うデジタルカメラとしては、この辺のユーザービリティは非常に重要。
これらのインターフェイスデザインや各種ボタンの配置、感触に関してはダサイと言わざるを得ません。
ニコンやキャノンと対等な製品とするのならば、もっと簡潔に洗練する必要性があります。

ただし、一旦撮影に入ると液晶画面のどんくさい印象とは全く異なる小気味よい操作感(すみません、比較対象はD40Xデス。汗)。
ペンタックス独自の「ハイパー操作系」やISO感度の変更を積極的に活用する「Svモード」、「TAvモード」など多彩で超便利な撮影モードは「ペンタックスで良かった!」と思わせるほどの素晴らしい操作性を感じます。



■TAv(シャッター&絞り優先AE)などのISO感度を柔軟に取り込んだ自動露出機構は高感度性能が高いK-5だからこそ価値ある機能。


画質
1628万画素という画素数とダイナミックレンジの広い画質は、一見するとフラットでインパクトのない印象ですが、「素材」として扱うには素晴らしいクオリティを持っています。
RAWでなくてもJPEGでもかなりの画像補正を行える対レタッチ性があり、「JPEG撮って出し」という手法で完結させるには惜しい画質だと思います。
ソフトでガンガンいじくりまくってこそ、そのポテンシャルを発揮するのではないでしょうか。
そして、このクラスともなると低照明下での撮影が非常にラクチンです。
ソニー製と言われるCMOSイメージセンサは高感度画質が素晴らしく(あ、D40Xとくらべてね。)、撮影状況によってはISO1600で普通画質、ISO3200でもまだまだ、6400でも許容範囲。。。下手すると12800でもノイズがいい味出してていいじゃん!ってことにもなりかねない品質で、とっても良いです。



K-5 / FA35mmF2AL 1/1600, F2.8, ISO100, JPEG


K-5 / FA35mmF2AL 1/1600, F2.8, ISO100, 補正済



K-5 / FA35mmF2AL 1/200, F2.5, ISO200, JPEG


K-5 / FA35mmF2AL 1/200, F2.5, ISO200, 補正済



K-5 / FA35mmF2AL 1/13, F2.8, ISO1600, -2.00,  JPEG, トリミング済


K-5 / FA35mmF2AL 1/13, F2.8, ISO1600, -2.00,  トリミング・補正済


今回の作例ではJPEGそのままの画像とiPhoto'08を使って本当にごく簡単なレベル補正を行ってみたものを比べてみました。
どっちがいいかは好みの問題なので良し悪しは判断しかねますが、レタッチ耐性の目安になるのではないでしょうか。


次回に続く。



CX3で撮ってみた。
さて、購入者である妹から許可を得て早速、試写してみることとなったCX3。
果たして、最新(イヤ、最新ではありませんが。。。)のコンパクトデジカメについてほとんど知識を得ていない私としてはCX3の写りは驚愕に値するものでありました。

驚愕その1。
オートホワイトバランスがすばらしく安定していて驚愕。


CX3
晴天時。オートでの撮影。撮影後未調整画像。



CX3
曇天時、若干光が差し込んだ。なんともいい感じの空気感。撮影後未調整画像。



CX3
様々な照明と西日の難しいミックス光での撮影。違和感のない良好なホワイトバランス。撮影後未調整画像。



驚愕その2。
最近標準ズーム18−55mmと単焦点しか使っていない身には光学10.7倍ズームはあまりにも驚愕。


CX3
最広角端4.9mm(28mm相当)での撮影。撮影後未調整画像。


CX3
適当にズームアップ。10.5mm。ステップズームを使えばよかったが使い方が不明なため適当ズーム。撮影後未調整画像。



CX3
さらにズーム。29.1mm。撮影後未調整画像。



CX3
さらにズームして最望遠端。52.5mm(300mm相当)。この焦点距離では描写が甘くなるとのウワサもあるが、私的には問題ナッシング。全く持って許容範囲。撮影後未調整画像。



驚愕その3。
リコーお得意の1センチマクロが勇気のない私には被写体に近づける事が出来なくて驚愕。


CX3
マクロ撮影。撮影後未調整画像。



CX3
マクロ撮影。撮影後トリミング。


CX3
マクロ撮影。撮影後トリミング。


驚愕その4。
ムービーが30秒以上撮れるのに驚愕(いつの時代や!)。
サンプル無し。画質については特筆すべき点は無し。他社のムービーのほうが良いと思う。

驚愕その5。
うーん。。。低感度の画像についてはD40xと比べても遜色ないかも?と思わせる画質に驚愕。。。


CX3
ISO感度80。うーん。。。撮影後未調整画像。



CX3
照度差の激しいこんなシーンでもこんなに写る。うーん。。。撮影後未調整画像。



CX3
太陽が入っても写る。うーん。。。撮影後未調整画像。



驚愕その6。
このズームユニットをGXRに転載(?)させたリコーそのものに驚愕! 
やはりP10キットは「買い」なんだな。。。

と、すっかりコンデジのすごさにびっくりしていたのですが、この手のカメラの最大の欠点にも気付いてしまいました。
天気のいい昼間や逆光時にはでっかい液晶画面は何の役にも立たないのです。
今どきのコンデジには光学ファインダーが付いているものはほとんどありません。
細かい構図なんかどうでもよいのですが、たとえば「逆光に光る波しぶき」などの動きの速いシャッターチャンスに重点を置く様な被写体ではほとんど感でシャッターを切るしかありません。
AFの速さ以前にシャッターチャンスの場面を思うように画面に納めることができない。
みなさん、どのように撮影しているのか秘策を聞きたいところです。



CX3
液晶画面がほとんど見えない中、感で撮影。ま、それでも写るンだからしょうがない。300mm相当というのに全く手ぶれがないのはシャッタースピードが速いせいもあるだろうが、手ぶれ補正もかなり効いてるはず。撮影後未調整画像。


CX3
これも感で適当に。撮影後未調整画像。


まだ、CX3で撮影した画像を見たい方は下をクリック。。。
続きを読む >>
今更ながら今が買い時、CX3
妹から「デジカメを買いたいのだけれど、機種はどれがおススメ? カメラ屋の店員が言うには『犬』を写すのなら断然AFの速いキヤノンがおススメで、2万円以内ならIXY10Sがいいとか。。。」という内容の相談を受けました。

フムフム、私のニコンD40xでもちょこまか歩き回る子ども達を写すのに精一杯だというのに、今どきのコンパクトデジカメは動く犬にAFをかますことができるのかと、しきりに感心しましたがそんなバカな。。。
そんなもの2万円弱のコンデジで撮れるんだったらD7000やK-5で悩む必要ないじゃないか。

ということで問答無用で今が絶好の買い時であるリコーの旧モデルCX3を超推薦。
(単に私が欲しいだけなんですが。。。)
最近ほとんど値段に差がないCX4も候補としましたが、少しでも安い方が良いということで、「最終在庫特価」のピンクのツートンのCX3をセレクト。
SDカードは少しでもいいものをと思い、サンディスクのExtreme SDHCカード 4GB クラス6とセットで購入してあげました。
しめて22,900円 (税込)。
ウン、いい買物だ!


D40X / AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G
思ったよりも、ツートンいいですよ。写真写り(?)もハデでいいしね。
でも、ツートンというより三色だと思いますが。。。



D40X / AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G
デジカメも安くなったものですね。
今だウチの現役マシンKD-510Zは確か6万超で買ったような気が。。。